Ishikawasekkei Co

たしかな設計・監理でしっかりした住宅を

トップ -> トピックニュース -> 過去掲載ニュース

過去掲載ニュース

 これまでに掲載したニュースです。

「CASBEE評価員」新たに1名追加

 CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の評価員が1名増えました。

 CASBEE(キャスビー)とは、建築物の環境性能効率などの新たな概念に基づき、建築物に関わる環境性能評価を統合的に行うものです。
 CASBEEでは、建物の室内環境性能やリサイクル性、外部環境への影響度など数十項目の観点からその性能を点数化して示します。
 自分の建物が「環境に貢献しているのか、あるいは環境に影響を及ぼしているのか評価してみたい」、また「どうしたら環境負荷を低減できるのか」とお考えでしたら、是非当社へご相談下さい。改善の余地がどこにあるかまで、きっちりシミュレーションし、ご報告いたします。

[2011-09-13]
先頭へ戻る



役員人事報告

 去る2月28日の役員会の決議において下記のとおり役員を決定いたしました。
 平成23年4月1日よりこの新体制のもと精進いたします。
 今後ともご支援ご指導を賜りますようお願いいたします。

   代表取締役     石川 正憲
   専務取締役     長畑 良博(昇任)
   専務取締役     高谷 健司(昇任)
   取締役総務部長  石川 けい子
   監査役        石川 夕子

[2011-05-25]
先頭へ戻る



「一級建築士」試験合格!!

 当社から「一級建築士」の資格取得者が1名誕生しました。
 平成22年度の受験者数は43,520人。うち、合格者は4,476人で、率にすると10.3%という結果でした。 青森県では21名が合格しました。例年通り1割程度の合格率で変らず難しい試験であるといえます。 その中での今回の合格は、日頃の業務をこなしつつ試験勉強もしてきた努力の結果だと思います。とても喜ばしいことです。
 当社はこれで一級建築士が9名となりました。

[2010-12-22]
先頭へ戻る



「構造設計一級建築士」および「設備設計一級建築士」資格取得

 当社から「構造設計一級建築士」および「設備設計一級建築士」の資格取得者が誕生しました。 それも、一人で2つの資格を今回取得しました。
 これら2つの資格は、今年から行われた新しいものです。
 青森県内では、構造設計一級建築士は 19名、 設備設計一級建築士にいたっては 5名 の合格者しかおりません。 この状況の中、一度に2つの資格を取得したことは大変誇らしいことであると思います。

 今回の資格は、平成18年に公布され平成20年11月28日から施行される改正建築士法によって創設された制度によるものです。
それぞれ、次の通りです。

■「構造設計一級建築士制度」
 一定規模以上(木造で高さ13m又は軒高9mを超える建築物、鉄骨造で4階建て以上の建築物、 鉄筋コンクリート造で高さ20mを超える建築物など)の構造設計について、構造設計一級建築士が自ら設計を行うか、 若しくは構造設計一級建築士に構造関係規定への適合性の確認を受けることが義務づけられる。

■「設備設計一級建築士制度」
 一定規模以上(床面積5,000uを超えかつ階数3以上)の建築物の設備設計について、設備設計一級建築士が自ら設計を行うか、 若しくは設備設計一級建築士に設備関係規定への適合性の確認を受けることが義務づけられる。

[2008-10-21]
先頭へ戻る



代表 石川正憲 「黄綬褒章」受章

 当社、代表の石川正憲は、建築分野の業績がみとめられ、このたび黄綬褒章を受賞しました。
 石川は「大変名誉なことであり、嬉しく思っております。今回の受章は皆さんのおかげであり感謝しております。」とのコメント。
 当社としても今回の受章は誇れることであり、嬉しい出来事となりました。

[2007-11-19]
先頭へ戻る


新たな 「一級建築士」 取得者が誕生!

 先日、一級建築士 試験の結果発表があり、当社から新たに1名の一級建築士 合格者が出ました!
 今回の合格率は7.4%と低く、過去3年では最低の合格率となっており、青森県内では12名のみの合格という難関状態だったようです。 合格おめでとうございます!

[2006-12-21]
先頭へ戻る


「CASBEE評価員」 登録!

〜建物の環境性能評価してみませんか?〜
 CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の評価員試験に今年2月、当社から1名が合格し、正式登録されました。

◆CASBEE(キャスビー)とは
 (財)建築環境・省エネルギー機構が国土交通省住宅局の支援のもと開発したシステムで、建築物の環境性能効率などの新たな概念に基づき、建築物に関わる環境性能評価を統合的に行うためのツールです。
 CASBEEでは、建物の室内環境性能やリサイクル性、外部環境への影響度など数十項目の観点からその性能を点数化して示します。

◆CASBEE評価員とは
 CASBEEの評価を行うにあたっては、建築物の総合的な環境性能評価に関する専門的な知識と技術が求められます。そこで、その信頼性と透明性を確保し、適正な評価と運用を図るために評価員制度が確立されています。今回、当社はその一員として認められたものです。

◆建築物の環境性能評価してみませんか?
 各事業者の皆さまで、自分の建物が「環境に貢献しているのか、あるいは環境に影響を及ぼしているのか評価してみたい」、また「どうしたら環境負荷を低減できるのか」とお考えでしたら、是非当社へご相談下さい。改善の余地がどこにあるかまで、きっちりシミュレーションし、ご報告いたします。

[2006-05-18]
先頭へ戻る


代表 石川正憲 「十和田商工会議所 会頭」 就任

 去る1月10日、弊社代表 石川正憲は、十和田商工会議所の会頭に就任しました。
 今回の就任に対し、代表は「今後もより一層、十和田市の商工発展の為、尽力を尽くしたい。」とのことです。
 これまでの副会頭から会頭となり、弊社業務も抱えつつ更に忙しい存在となります。 何事にも常に全力で取り組む姿勢を見ておりますと身体が心配ですが、体調管理には気をつけて今後も変わらず頑張って頂きたいと思っています。

[2006-01-14]
先頭へ戻る


代表 石川正憲 「国土交通大臣表彰」 受賞

 去る7月11日、弊社代表 石川正憲は、建設事業功労で国土交通大臣表彰を受賞しました。
 今回の受賞に対し、代表は「私が受賞できた事は、関係団体の皆様、発注者の皆様、そして弊社社員のおかげと深く感謝しております。 これからも受賞に恥じない様、一層業務に励み、業界発展の為、努力する所存です。」とのことです。
受賞おめでとうございます!

[2005-10-13]
先頭へ戻る


2004年度設計事務所ランキング発表

 「日経アーキテクチャ(2005 10-3号掲載)」にて、『2004年度 経営動向調査 設計事務所ランキング』が発表になりました。 これは、建築設計・監理売上げのランキングとなっております。
 当社は、昨年に引き続き売上げはマイナスとなりましたが、順位は99位から90位へと上がりました。
 昨年同様、東北地区勢では第4位、青森県勢では第1位となっております。

◇◆◇ 東北地区勢のランキング ◇◆◇ (掲載記事抜粋)
順位 会社名
1位 関・空間設計(宮城)
2位 本間利雄設計事務所+地域環境計画研究室(山形)
3位 秦・伊藤設計(山形)
4位 石川設計(青森)

◇◆◇ 全国のランキング ◇◆◇ (掲載記事抜粋)
順位 会社名
 1位 日建設計(大阪)
 2位 エヌ・ティ・ティ・ファシリティーズ(東京)
 3位 三菱地所設計(東京)
 4位 日本設計(東京)
 5位 久米設計(東京)
 6位 ジェイアール東日本建築設計事務所
 7位 山下設計(東京)
 8位 安井建築設計事務所(大阪)
 9位 松田平田設計(東京)
10位 梓設計
11位 類設計室(東京)
12位 佐藤総合計画
13位 石本建築事務所
14位 東急設計コンサルタント
15位 日立建設設計
16位 東畑建築事務所
17位 大建設計
18位 昭和設計
19位 塩見
20位 日建ハウジングシステム
 :
24位 東電設計
 :
28位 日総建
 :
34位 横河建築設計事務所
35位 楠山設計
 :
43位 教育施設研究所
 :
51位 桂設計
 :
67位 フケタ設計
 :
80位 関・空間設計(宮城)
 :
83位 本間利雄設計事務所+地域環境計画研究室(山形)
 :
86位 秦・伊藤設計(山形)
 :
90位 石川設計(青森)

[2005-10-13]
先頭へ戻る